レイニング人工歯について

1.

レイニング人工歯とは?

2.

スルフォン床とレイニング人工歯の使用

3.

レジン床とレイニング人工歯の使用

4.

人工歯の脱落

 

よくある質問INDEX

義歯床用樹脂

レイニング人工歯

石膏

レディインジェクションワックス

デンチャーベースレジンP

ベースコートV

 

射出成形機 23GS II

 

洗ってクリア

 

技工 −義歯床製作編−

 

 

Q1.

レイニング人工歯とは?

 

A.

床と同材質の強化ポリカーボネート樹脂で造られた人工歯です。

健康保険適用(承認番号21300BZZ00525000)で一般名称を「スルフォン樹脂レジン歯」として取り扱われており、安全性と品質が認められ高い評価を得ています。

人工歯保険点数

前歯部

臼歯部

両側

片側

両側

片側

スルフォン樹脂レジン歯

78

39

97

48

レジン歯

27

14

30

15

硬質レジン歯

66

33

87

44

 

 

Q2.

スルフォン床とレイニング人工歯の使用

 

A.

同材質のため床と人工歯の結合が強く、維持孔を付ける必要はありません。脱落が心配な場合は、維持孔を付けるか、人工歯の基底面に塗る接着剤をご使用下さい(複雑な臨床などの場合)。

 

 

Q3.

レジン床とレイニング人工歯の使用

 

A.

レジン床でレイニング人工歯を使用する場合は、維持孔を付けるか、人工歯接着剤をご使用下さい。

 

 

Q4.

人工歯の脱落

 

人工歯の脱落は「脱蝋不十分のため、ワックスの被膜が残っている」「脱蝋後の乾燥が不十分」などの原因が考えられます。

詳しくは、「技工 −義歯床製作編−」を参照下さい。

 


Copyright (C) 2002 Toushinyoukou Co., Ltd.
All Rights Reserved.