技工 −義歯床製作編−

1.

床部が不完全

2.

銀状

3.

人工歯の脱落

4.

ヒケ

5.

適合不良

6.

分離不良

7.

研磨がしにくい

 

よくある質問INDEX

義歯床用樹脂

レイニング人工歯

石膏

レディインジェクションワックス

デンチャーベースレジンP

ベースコートV

 

射出成形機 23GS II

ミニレ熱風樹脂乾燥機 TRD-30

表面硬化処理機 TUV-III

耐圧フラスコ

 

洗ってクリア

 

技工 −義歯床製作編−

 

 

 

原因1.

樹脂の量が不足

 

対策:

肉厚で大きな義歯床の場合、成形前に樹脂の骨材を入れて下さい。

樹脂溶解中は、金型でノズル口をふさぎ、樹脂の流出を防いで下さい。 

 

原因2.

射出スピード、射出圧力不足

 

対策:

樹脂量が多すぎるとプランジャー下降速度が遅くなります。樹脂はホッパーの口元まで供給しないようにして下さい。

樹脂量をプレスして確認する時、いきなりたくさんの樹脂を供給せず、プランジャーの下のラインでプレスを止め、その後、2〜3杯計量追加します。

小さなパーシャル等は追加しないで下さい。

 

原因3.

樹脂溶解不足

 

対策:

成形温度に達していても、1ショットずつ溶解時間を取り(2〜3分間)十分溶解して成形して下さい。

 

原因4:

スプルーイング不備

 

詳細:

肉厚部にスプルーイングがされていない。

パーシャルの場合、サブランナーを植立していない。

スプルーが細すぎたり長すぎる。

 

原因5:

床が薄すぎる

 

詳細:

床が薄すぎると樹脂が流れません。

 

原因6:

その他

 

対策:

機械が何らかの原因で圧力が上がらなくなった場合、当社へご連絡下さい。

 

 


Copyright (C) 2002 Toushinyoukou Co., Ltd.
All Rights Reserved.