技工 −義歯床製作編−

1.

床部が不完全

2.

銀状

3.

人工歯の脱落

4.

ヒケ

5.

適合不良

6.

分離不良

7.

研磨がしにくい

 

よくある質問INDEX

義歯床用樹脂

レイニング人工歯

石膏

レディインジェクションワックス

デンチャーベースレジンP

ベースコートV

 

射出成形機 23GS II

ミニレ熱風樹脂乾燥機 TRD-30

表面硬化処理機 TUV-III

耐圧フラスコ

 

洗ってクリア

 

技工 −義歯床製作編−

 

 

 

原因1.

スルフォン歯以外の人工歯の使用

 

対策:

スルフォン歯以外の人工歯を使用すると、脱落したり折れたりすることがありますので、専用人工歯を使用して下さい。

 

原因2.

脱蝋不十分

 

対策:

人工歯保持孔、歯間乳頭にワックスが残っている場合や人工歯基底面にワックス被膜が残っている場合です。

脱蝋終了後、もう一度きれいな熱湯で流すか、スチームクリーナーでワックス被膜除去を完全に行って下さい。

 

原因3.

樹脂溶解不足

 

対策:

樹脂温度が低いためです。

スルフォン人工歯とスルフォン義歯床は熱溶着します。溶着面積や切削作面が多いほど、溶着力は増加します。

樹脂温度を指示通りにして下さい。

 

原因4:

射出圧、スピード不足

 

対策:

樹脂を多く入れすぎ、射出のスピードが遅く、銀状が生じた時や樹脂量が不足していて保圧が効かない時です。

樹脂量を確認して下さい。

 

原因5:

スプルーイング不良

 

対策:

スプルーは床肉厚部に植立し、太さや長さをを考慮し、熱い樹脂がよく回るようにして下さい。

 

 


Copyright (C) 2002 Toushinyoukou Co., Ltd.
All Rights Reserved.