技工 −義歯床製作編−

1.

床部が不完全

2.

銀状

3.

人工歯の脱落

4.

ヒケ

5.

適合不良

6.

分離不良

7.

研磨がしにくい

 

よくある質問INDEX

義歯床用樹脂

レイニング人工歯

石膏

レディインジェクションワックス

デンチャーベースレジンP

ベースコートV

 

射出成形機 23GS II

ミニレ熱風樹脂乾燥機 TRD-30

表面硬化処理機 TUV-III

耐圧フラスコ

 

洗ってクリア

 

技工 −義歯床製作編−

 

 

 

ヒケは射出された熱い樹脂が冷えて硬化するとき、樹脂の収縮により体積が不足し、最後に硬化する部分にクボミが生じます。

 

原因1.

スプルーイングの不備

 

対策:

肉厚の床には太いスプルーを使用し、ランナーは床の肉厚部に接合し、ランナーをつぶして薄く接合面積を広く付け、保圧がききやすいようにスプルーイングを考慮する。

 

 

肉厚の床の成形には、脱ロウ後人工歯基底面に樹脂棒またはスプルーの樹脂をレジンで固定し成形することにより100%解決できます。

 

原因2.

保圧不足

 

対策:

樹脂量が少なく、保圧分の樹脂がない時に生じます。

樹脂量を確認して下さい。

 

原因3.

保圧時間不足

 

対策:

射出している時間が短く、完全硬化前に射出が終わってしまった時に生じます。

射出タイマーは、17〜20秒ぐらいにセットして下さい。

 

 


Copyright (C) 2002 Toushinyoukou Co., Ltd.
All Rights Reserved.