技工 −義歯床製作編−

1.

床部が不完全

2.

銀状

3.

人工歯の脱落

4.

ヒケ

5.

適合不良

6.

分離不良

7.

研磨がしにくい

 

よくある質問INDEX

義歯床用樹脂

レイニング人工歯

石膏

レディインジェクションワックス

デンチャーベースレジンP

ベースコートV

 

射出成形機 23GS II

ミニレ熱風樹脂乾燥機 TRD-30

表面硬化処理機 TUV-III

耐圧フラスコ

 

洗ってクリア

 

技工 −義歯床製作編−

 

 

 

原因1.

フラスコの温度が高い

 

詳細:

脱蝋後、まだフラスコが暖かいうちに成形するとボンディングを起こし分離が悪くなります。
(高温の樹脂を射出注入すると石膏表面の水分が蒸発し樹脂と反応します。)

 

原因2.

射出温度が高い

 

対策:

溶解時間温度を守って下さい。

 

原因3.

射出圧が高い

 

対策:

一次圧、二次圧を正確に、指定圧力を守って下さい。

 

原因4.

模型表面形状荒れ

 

詳細:

模型石膏が古かったり、石膏面が荒れている時に生じます。

脱蝋後、石膏模型粘膜面にベースコーティングして成形すると鏡面の粘膜面が得られます。

 

 


Copyright (C) 2002 Toushinyoukou Co., Ltd.
All Rights Reserved.