義歯床用樹脂

レイニング人工歯

4つの特徴

形態バリエーション

Lineup

色調・価格

 

石膏

レデシインジェクションワックス

デンチャーベースレジンP

ベースコートV

 

個別の症例への対応を考えた基本的な5形態からなり、排列しやすく、審美的にも一歩前進、個性的な排列にも対応できます。


混合型 C

卵円型 O

方形 ST

尖型 T

長尖型 H

方形 AST

 

咬頭面傾斜30度と20度の2タイプを用意しました。
食品の咬断を始め、強い力がかかる臼歯には顎堤にも大きなストレスがかかりやすい部位です。
コンピュータによる3D設計が、射出成形による高精度の加工法を可能にしました。
安定した咬合が得られる広い咬合面と咀嚼しやすい形態を持ち、また排列しやすく、より機能的な人工歯形態を高い次元で実現しています。
もっとも一般的な、咬頭面傾斜20度のタイプには、
PBMを用意しました。

 

咬頭面傾斜30度

咬頭面傾斜20度

30度

F

PBM

 


Copyright (C) 2002 Toushinyoukou Co., Ltd.
All Rights Reserved.