射出成形機23GS II

ミニレ熱風樹脂乾燥機 TRD-30

表面硬化処理機 TUV-III

耐圧フラスコ

 

レイニング工法システム(射出成形法で製作すること)に熱可塑性ポリマーを使用する最大のメリットは、高品質で細部の形状を精密に再現する高い精度を得ることができる点にあります。

加熱すれば軟化溶解し冷却すると固化する性質を持つ熱可塑性ポリマーを利用した射出成形法は、それまで不可能とされてきた石膏内への高速射出センサーを用いた石膏型内制御により可能となり、世界で初めてレイニング工法として実用化に成功しました。

レイニング工法はコンピュータによる精密な成形法のため高品質で適合性に優れた歯科補綴物を効率的に製作することができます。

 


Copyright (C) 2002 Toushinyoukou Co., Ltd.
All Rights Reserved.