東伸洋行株式会社

スルフォン床義歯


 

はじめに

材質

作り方

丈夫で長持ち

アレルギー

汚れに強い

お手入れ方法

保険のお話し

最後に

 

スルフォン入れ歯はアクリル入れ歯に比べて強靱で丈夫な入れ歯です。これは材質で記したようにスルフォン入れ歯が原材料にポリカーボネートと呼ばれるプラスチックを使用しているためです。

ポリカーボネートはエンジニアリングプラスチックと呼ばれ、アクリル入れ歯が属する汎用プラスチックに比べ耐熱温度が100度以上、高弾性、高強度なプラスチックです。そして強靱さ透明性、寸法安定性から幅広い分野で使用され、医療用途では輸液用コネクターや三方活栓、カテーテル、人工心肺のハウジングなどに使われています。これらポリカーボネートの性質を最大限に生かし、スルフォン入れ歯は開発されました。

スルフォン入れ歯は熱にも強く、吸水が少ないため臭いも着きにくく、割れにくい入れ歯です(詳細なデータはこちら)。例えば曲げ強さはアクリル入れ歯の1.2倍の値を示しています。

 

1.2 倍の曲げ強さ

両端で支えた材料を真ん中から荷重をかけて曲げ、破断または変形したときの最大荷重。スルフォン入れ歯はアクリル入れ歯の1.2倍の値です。

曲げ強さ(MPa)

 

 

データからも、スルフォン入れ歯は丈夫な入れ歯であると言えます。

 

戻る

次へ

戻る

次へ


Copyright (C) 2002 Toushinyoukou Co., Ltd.
All Rights Reserved.