東伸洋行株式会社

スルフォン床義歯


 

はじめに

材質

作り方

丈夫で長持ち

アレルギー

汚れに強い

お手入れ方法

保険のお話し

最後に

 

 

スルフォン入れ歯とアクリル入れ歯では作り方で紹介したように入れ歯を作る手順が違います。アクリル入れ歯は液体のモノマーと粉体のポリマーを混合し熱を加えたり、マイクロ波などで重合反応で硬化させ入れ歯を作ります。この反応が不完全だと未重合のモノマーが「残留モノマー」として入れ歯に残り、口の中で溶け出しアレルギー症状などを引き起こします。その残留モノマー量は0.2〜5%と多量に溶出します。また、モノマーの他にもアクリル入れ歯の原料に含まれている重合禁止剤、重合開始剤、重合促進剤も溶出し低濃度でアレルギーを引き起こすことが報告されています。

 

残留モノマーが口の中に溶け出すことによって遅延型のアレルギーやまれに即時型のアレルギー性義歯性口内炎を生じるという多くの報告があります。これらはアレルギー症状については残留モノマーがないスルフォン入れ歯に作り替えることが最も有効な解決方法の一つであると言われています。また、歯科医療従事者でもアクリルのモノマーに触れることが多いため、アレルギー症状を発症される方もいます。

 

 

戻る

次へ

戻る

次へ


Copyright (C) 2002 Toushinyoukou Co., Ltd.
All Rights Reserved.